ベースとチューナーのつなぎ方

ベースとシールド(ケーブル)でつなぎます。このとき必ずチューナーの電源をOFF、ベースのボリュームも「0」の状態で接続するクセをつけておきましょう。これは接続時に発生するノイズによる危機の故障を防ぐためです。あとで触れるアンプの場合も同様です

★つなぎ方★
1 チューナーとシールドを接続します


2 ベースのボリュームを0(正面から見て反時計回りでとまるまで回す)にしたらベースにシールド  を接続する。

3 チューナーとベースにシールドを接続したら、チューナーの電源をONにしてください。

4 最後にベースのボリュームを10(正面から見て時計回りで止まるまで回す)にしてください。これでチューニングの準備が完了です。
posted by KMC at 16:59 | Comment(0) | ベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。